アウトドアグッズ

【初心者向け】コスパの良いテント3選

こんにちは、シュンです。
今回は早速、初心者向けシリーズ第一弾です!

ズバリ、テントです!
キャンプといえばテントと言ってももいいほどキャンプとテントは切り離せない存在です。

しかし、キャンプを始めたい、キャンプ初心者の方からは↓をよく耳にします。

・テントってすごく高いんでしょ?
・メンテナンス大変そう
・レンタルで十分かな

全て一理あります(笑)

ですが値段が安く、ほぼメンテナンスフリーで、レンタルを繰り返すよりも経済的なコスパ抜群のテントだってあるのです!

Wnnideo ワンタッチテント

ワンタッチテント3-4人用 ドーム型 テントインスタント ツーリングテント ファミリーキャンプテント 設営簡単 UVカット 撥水加工3000mm 通気性 レジャーテント キャンプ/ピクニック/バーベキュー/(スカイブルー, テント 3-4人用)

女性1人でも簡単に設営できるのがポイントで、野外フェスや女子キャンプの時にも便利なワンタッチテントです。
軽量な4kgと軽量で持ち運びにも便利です!

また入口と直線上に窓を設けることにより、効果的な換気が行えます。
入口や背面窓の開放時、巻き上げたシートはホルダーで固定でき、入口はダブルジッパー構造なので、外からでも内からでも開閉可能できます。

また↑のように広々としたスペースがあるためファミリーキャンプにもおすすめですよ!

 

Naturehike CloudUp2アップグレード版

自立式のダブルウォールとしては最軽量クラスのテントです!
二人で入っても余裕のある空間と、全室の広さが特徴的です。

強い雨にも負けない「高い耐水圧」

Cloud-Upシリーズの耐水圧は約4000mm(20D)/3000mm(210T)。車のワイパーを速くしても見づらい「強い雨」の基準が1,500mmとされていることを考えると、雨に負けない十分な耐水圧ですね!←初心者は天気悪い時にキャンプ行かない(笑)

素材の長所を組み合わせた「アルミニウム合金」のポール

メインポールで採用している「アルミ合金素材」は軽さと柔軟性はそのままに、他の金属を配合させることで、ただのアルミにはない”強度“をプラスしたもので
Naturehikeが長年研究して行き着いた、ポールに最適な素材だそうです!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント クレセント ドームテント M-3105

2本のポールをX型に交差させたベーシックなポール構造で設営、撤収がとても簡単です。4000円ほどで必要十分なコスパ最強の入門用テントとしておすすめです!

通気性と虫よけにインナーテントの出入口と天井に1mmメッシュを採用

フライ/ナイロン190T(PU加工・防水) インナーテント/ウォール=ナイロン190T(通気性撥水加工)

雨でも安心のフルフライ仕様で、丈夫なグラスファイバー製のポールを採用

このように他二つのテントと比較してもほとんど見劣りしない強度、性能もあるのが素晴らしいです!
私の周りではおすすめしすぎて5,6人は持っている人がいるぐらいです(笑)

初めにかける予算を抑えたい人にもおすすめです!

最後に

まだ不慣れな点もあり、つたない説明だったかもしれませんが少しでもお役に立てれば幸いです。
テント以外にもキャンプに必要なものはまだまだあるので、どこまで予算をかけるかは慎重に!

「高級テントを買ったけど1000円の寝袋しか買えないよ!」
なんてことになっては本末転倒ですからね(笑)

では、良いキャンプライフを。

            ↓クリックで応援お願いします!             にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク