アウトドアグッズ

【アウトドアギア】Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iを使ってみた感想

はじめに

こんにちは、シュンです。

アウトドアをやっていると、普段街なかでは見られない動物や植物を
見かけることもありますよね。
珍しい生き物を見かけると、誰しも写真に収めたくなるかと思います。

また、動物や植物だけでなく、風景やキャンプ中の何気ないスナップ写真を撮影して、
後日撮影したものを見返すのも楽しいですし、記憶だけでなく記録にも残る
良い思い出になるかもしれません。

スマートフォンの普及で綺麗な写真を手軽にとる機会も多くなっていますが、
デジタル一眼レフカメラはスマートフォンでは難しい躍動感のある写真が撮れますよ。

今回は、購入したCanonのデジタル一眼レフカメラ、EOS Kiss X9iを使ってみた
感想について書いていきたいと思いますが、カメラを選ぶ際にまず知っておきたいことについて、少し書いておきたいと思います。

一眼レフとミラーレフの違いは?

カメラを選ぶときに最初にぶつかるのが、ここだと思います。
よく聞く一眼レフとミラーレスの違いって何でしょうか?

まず、一眼レフカメラのレフとは“レフレックス”=反射のことです。
一眼レフカメラとは、レンズから取り入れた光(景色)を中にある鏡で反射させ、
光学ファインダーを通して直接景色を見ながら撮影します。

ミラーレスカメラとは、その名の通り鏡がありません。
レンズから取り入れた光を映像に変換して、液晶モニターや電子ファインダーなどで
見て撮影します。
そう、ミラーレスカメラで見ているのは映像なのです。
映像をみて撮影するので、見たイメージのままの写真が撮れます。

しかし、ミラーレスカメラは電源を入れないと見ることができないので、
バッテリーの消耗が早いです。
長時間の撮影では予備のバッテリーを持ち歩くなど、工夫が必要になります。

この違いを理解しておくと、どちらを選ぶかの判断材料になるので、購入前にぜひ
知っておいてください!

購入を検討した類似商品

購入前に比較検討した商品は、
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9です。

X9iよりも後に発売された機種ですが、X9iの方が上位機種になります。
X9は価格が安く、本体も軽量です。

一番違う点は、オートフォーカス(AF)測距点です。
X9は9となっています。
この点、購入したX9iはなんと45もあります!

AF測距点とは被写体にピントを合わせられる点の数のことですので、
多いほどピントが合わせやすくなります。
特に動くものを撮影する時には、多い方が速く綺麗に撮影できます。
よって、AF測距点の多いX9iの方がX9よりも断然綺麗に撮影することができる
ということになりますね。

キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット ブラック EOSKISSX9LK-BK CANON【送料無料】【KK9N0D18P】

もう一つ比較検討した商品は、
Nikon デジタル一眼レフカメラD5600です。

CanonかNikonか、一眼レフカメラを購入する際には一番悩むメーカーだと思います。
そしてこのD5600は、CanonのX9iとよく比較される機種でもあります。
正直、素人にはこの二つの機種の機能性の面での大きな違いは、
あまりわかりませんでした。
触ってみた感じは、Nikonの方が大きく武骨な印象を受けました。

元々NikonユーザーであればこのD5600を選んでも良いかもしれません。
こちらはCanonのX9iとの違いがほとんど感じられず、最後まで悩みました。

購入した決め手

カメラのレンズは非常に高額なので、いくつも追加で購入する事は難しいでしょう。
また、レンズは本体と同じメーカーでないと使えません。

そこで、気心の知れたカメラ仲間なら、レンズの貸し借りをするということもできます。
ユーザーの多いCanonならそれだけ機会も増えますし、カメラのことでわからないことがあるときにも、気軽に聞くことができます。

AF測距点が45もある機種はエントリーモデルではなかなかなく、これは上位機種の
ミドルクラスモデルに匹敵します。
こういった点が、Canonのカメラを選び、なかでもX9iを購入した決め手です。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iのメリット、デメリット

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iのメリット

初めてのカメラだと、何をどう触ったらよいのかわからないことがありますよね。
EOS Kiss X9iは撮影の際の設定画面が、液晶上で画像や絵付きでわかりやすくナビゲートされる為、初めてカメラを扱う方にもわかりやすくなっています。

また、撮影した写真や動画は、Wi-FiやBluetoothを使ってスマートフォンに転送することができます。
SNSなどに写真をアップする方には便利な機能ですね。

本体も軽量で手にフィットしやすい形の為、非常に持ちやすくなっています。
手が小さめの男性や、女性にも使いやすいと思いますよ。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9iのデメリット

エントリーモデルとしては価格が高いことでしょうか。
Canon公式オンラインショップでは、本体価格97,500円(税別)となっています。
(2019年4月現在)

もちろん、カメラを趣味にする方にとっては本体が10万円を切るというのは
安い部類に入るのかもしれません。
しかし、初めてカメラを購入する場合、10万円近いカメラを買うのはなかなか
勇気がいりますよね。

X9iは初心者向けでありながら、中級者でも納得の高性能機種ですので、ある程度
価格が高額になるのは仕方がないのかもしれません。

少しでもお得に購入するためには、最初からレンズが付いているカメラを購入する
ということです。
今回購入したのは、ダブルズームレンズキットというセット商品で、普通のレンズと望遠レンズの二種類が最初から付いているものです。
本体とレンズを別々に購入すると非常に高くなってしまうので、
ある程度使いたいレンズが決まっているのであれば、セット商品を購入する事をおすすめします。

まとめ 初心者の方におススメか?

あえて初心者向けでのラインナップのないNikonに比べ、初心者を意識したエントリーモデルを設けているCanonのデジタル一眼レフカメラは、初心者の方におすすめです。
EOS Kiss X9iは入門機になりますので、初めて購入するけど本格的なカメラが欲しいという初心者の方向けだと思います。

しかしデジタル一眼レフカメラは2013年以降、出荷台数は年々減少しています。
一方、ミラーレスカメラは比較的新しく登場したカメラで、ここ数年一眼レフカメラに対して割合は増え、スマートフォンが普及している今でも出荷台数は一定の推移を保っています。
2018年には、ミラーレスカメラは一眼レフカメラの出荷台数を上回りました。

ミラーレスカメラは小型で軽量、デザインもお洒落な物が多いです。
実際CanonのEOS KissシリーズでもミラーレスカメラのEOS Kiss Mが発売され、
今後もミラーレスカメラに力を入れることが予想されます。

最初から撮影を目的に外出する方、望遠レンズなどを使って撮影したい方は、
しっかり安定した握り心地の一眼レフカメラをおすすめしますが、
なるべく手軽に撮影したい、コンパクトに持ち歩きたい方にはミラーレスカメラをおすすめします。

では、良いキャンプライフを。

            ↓クリックで応援お願いします!             にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク